« 【ばかのきう】巨大バボちゃん教習所 | トップページ | 【Vol.1】喜劇・駅前100年記念館 »

2006/12/10

【ばかのじう】養老天命"骨折はイヤっす"反転地


(岐阜県養老町)

ゆ:
 おい、「ばかけんちく探偵団」始めて、もうすぐ2年も経つぞ。早ぇーなー。

も:
 よく持ってるよな。あっと言う間に企画だおすと思ったけど。でも、ここ数カ月全然更新してなかったし、実際には、ほんまに企画だおしギリギリじゃないのか(笑)。

ゆ:
 しょうがないだろ。ウチは「絶対現地主義」なんだから。数かせぐためだからって、行って見てもいないものを、アレコレ言うわけにはいかないし。なんかこのぐらいのダラダラ具合がちょうどいいんだよ。

も:
 それしたって、ここ取材したの去年の10月だぞ(笑)。さぼりすぎだよ。それにしても一周年記念つってずいぶん遠くまで行ったなぁ。そのくせ、ページ化1年越しんなっちゃって、めちゃめちゃカッコ悪くないか、オレら?。

ゆ:
 実質、2周年記念だもんな(笑)。でもその長い未更新あけを飾るには、コレぐらいインパクトのあるやつじゃないとな。探偵団と同じ、ちょうど2年前、永世チャンピオンと誰もが思っていた、浅草の「おいウンコのってんぞビル」を、イッキにブチ破って、堂々「ばかけんちく王」にノシあがったのがコイツ。

も:
 もう「キング・オブ・キングス(声:谷村)」なのは疑いねーよな。



--------------- 以下、取材当時の模様 --------------




も:
 公的な公園の中に、こんなもん作ったってだけでもスゴいよな。もはや、コレが何なのかさえ、よく分からんしな。見た目にはほとんど「ヤミナベの巨大模型」に見えるけど。このフッきれ方は、尋常じゃないな。

ゆ:
 どうやら、けんちくっていうよりは、なんか「アート作品」らしいぞ。コレ全体で一個の「作品」だってさ。

も:
 そうか、「作品」と言ってしまえば、もう「やりたい放題でもOK」という、納得いかない例のパターンか?。その究極版だな。


ゆ:
 なんたって「作品」だからな。この逆切れぶりはコワいぞー。一度中に入ったら、作者の中では「なんでもアリ」だからな。突然何に襲われるか分かんないからな!。落ちついて一つづつ見てこ。オレにつづけ。

も:
 お、なんかドリフの「探検コント」っぽいな。お前、いかりやで隊長な。で、オレ志村。サファリ・キャップと半ズボン持ってくりゃよかったな(笑)。


---------------------------------------------

■「極限で似るものの家」■

ゆ:
 うわ~、なんかいきなり咬まれたぞー。何だこのタイトル?。


も:
 家か?、家なのか?、これ?。どうやら、屋根や地面に描いてあるのは岐阜県の白地図みたいだけど。家が県?。県だけど家?。???。

ゆ:
 中は迷路だな。ガキがめっちゃハシャいで走り回ってるけど、アブねーよ。人や壁にブツかるし、しかも向こう側はいきなり坂になってるし。転げ落ちたら上がれないぞ、この角度。


も:
 あっ、隊長!、風呂発見。なんか壁に半分埋まってっけど。あと、レンジ台とかもあったぞ。


ゆ:
 こっちには、机と電話があったぞ。しかも「最初の電電プッシュホン(笑)」。子どもが、いじくって、「何にも言わな~い」とか言って受話器ほおり投げてたけど。

も:
 「セーラームーン」とか「ドラゴンボール」の声が聞けるよ!!、とかしとけばいいのにな。子ども心をキャッチするのがヘタだなー(笑)。



ゆ:
 でも...なんかさぁ、こういう家具類で、無理矢理「家」ってしてないか?。それ以外はただの迷路じゃん。
 あっ、待て。これを見ろ!。

も:
 なんすか隊長!。  





ゆ:
 隊長ってゆーなよ!。まわり子どもばっかりなんだから、ホンモノのアホな大人と思われるだろ。
 これこれ、入口でもらったパンフ。これに各場所の説明が描いてあるぞ!。


も:
 ホントだ。「養老天命反転地 使用法」だって。えと、ここは「極限で似るものの家」だから...。


●今この家に住んでいるつもりで、または隣に住んでいるようなつもりで動き回ること。

●一組の家具は、他の家具との比較の対象として使うこと。

●中に入ってバランスを失うような気がしたら、自分の名前を叫んでみること。他の人の名前でもよい。

●思わぬことが起こったら、そこで立ち止まり、20秒ほどかけて(もっと考え尽くすために)よりよい姿勢をとること。


ゆ:
 .......帰ろっか....。
 ...............アブねーよ、絶対....。

も:
 あっ、そっか。イッちゃってるんだ、もうココ全部が(笑)。確かにそんな気はしてたけど、ここまで直球だとはな(笑)。う~ん、普通の公園の中に、ここまでイっちゃってるものをつくるとは。しかも金さえ取る!。さすが王者の風格!。オモロいっ!。


ゆ:
 あー、なんかオレ、気持ち悪くなってきたんだけど...。なんかさ、昔の同級生から突然電話かかってきて、オモムロに「すばらしい集まりがあるけど、来ない?」とか言われた、ああいうイヤーな感じにそっくり。おえ。

も:
 いーんだよ、こんな「使用法」無視してりゃ。周り見てみろよ。この課題地道にコナしてるヤツなんか一人もいないし。それどころかパンフ見てるヤツさえいねーぞ。




ゆ:
 えー?、「よりよい姿勢」取らなくていいの?。
 「住んでいるつもり」にならなくちゃいけないんじゃないの?。
 誰かが見張ってて、「君は、自分の名前を叫んでいないね!」とか、叱られるんじゃないの?。課題しないと、追加料金取られたりとか...。

も:
 だめだ、隊長すっかり怖じ気づいちまった。天命反転地恐るべし!。


---------------------------------------------

■「精緻の棟」■

   

も:
 ドンブリに行く前にまたこんな迷路が。迷路好きだなー。

ゆ:
 なんかさぁ、10年くらい前に何故か突然ブームになった「巨大迷路」とさぁ、変わんないじゃないか?。特にこどもの視点から見れば。

も:
 いやでも、ここの方が数段上だよ。アブナさ的に(笑)。なんかこう、「念」がこもってそうでヤだよな。

ゆ:
.....「しかしながら道」って?。もはや日本語すら飛び出てるな。




も:
 ど、「どんな道」?。どんな道って、こっちが聞きたいよな(笑)。




ゆ:
 いや、さっきの家もそうだけど、建ってるものだけで充分おもろいのにな。こういう書き文字とか、さっきの「使用法」みたいな「コンセプト」めいたものがチラついてくると、とたんにサメちゃうよな。

も:
 さぁ、ここを抜けるといよいよドンブリの中に突入するわけだが...。


■ 楕円形のフィールド ■



ゆ:
 このヤミナベのドンブリん中のことを、「楕円形のフィールド」って言ってるのか。

も:
 いやでも、この眺めはすげーな。パンフレットとかを見ると、この施設の目的は「非日常的な空間で、普段と違った感覚で世界を見よう」みたいなことらしいけど、確かにこんな異世界だったら分からないでもないな。やりたいこと。



ゆ:
 う~ん、確かにそれはそうだけど。なんかこう、デザインとして気持ち悪いくないか?。なんか飛び出た内蔵みてるみたいで。この肌色っぽい感じがスゲーつらいんだけど、オレ。

も:
 この黒いのは?、エーと。「もののあわれ変容器」。その手前のピンクの迷路みたいのが、「宿命の家」。

ゆ:
 もはやタイトルの異様さごときには驚かなくなったな。というか、いちいち意味考えてられないもんな(笑)。

も:
 それから、あっちの白いのが「白昼の混乱地帯」、んでこっちのが「陥入膜の径」。

   

ゆ:
 でもさ、色々名前や形が違うわりには、全部「迷路」じゃん。結構ワンパターンだよな。

も:
 あー、確かに。ちょっと飽きてきたよな。

ゆ:
 おっ、でも何か地下への入口みたいのがあんぞ。行ってみよう。


も:
 これの名前は「地霊」だって。洞窟みたいだな。なんかホンマのドリフコントみたいになってきたぞ。

ゆ:
 おい、中は真っ暗だぞ。手探りで進まなきゃならないぐらい、スゲー暗さ。しかも、床がデコボコしてて、恐いよ。
 .........うわっ!

も:
 どうしました隊長!。

ゆ:
 手探りで歩いてたら、向こうから来たオバサンの顔、思いっきりさわっちゃったよ(笑)。

も:
 すごい闇だからな。ちょっと普段の生活で、ここまでの暗さって体験できないよな。これ、出られなくなった人、いるんじゃないか。モノすげー、恐いよ。

ゆ:
 なぁ、結局これも「真っ暗な迷路」じゃん。暗いから面白いけどさぁ。

も:
 あっ、そういえば、さっきのパンフの「課題」、ここのはどうなってるか見てみようぜ。


ゆ:
 いや、オレはあんまり気が進まないけど...。


●空を、すり鉢形の地面に引き下ろすようにしてみること。

●「極限で似るものの家」の光景を出来るだけ思い出すこと。そしてその逆も試すこと。

●不意にバランスを失った時、世界をもう一度組み立てるのにどうしても必要な降り立つ場の数、種類、位置を確かめること。

●「宿命の家」「降り立つ場の群」と呼ばれている廃虚では、まるで異星人であるかのようにさまようこと




ゆ:
 .......やっぱ、帰ろっか....。
 ...............やっぱ、アブねーよ、絶対....。

も:
 ぎゃはは、「異星人であるかのようにさまようこと」ってなんだ?(笑)。作者自身、やってみたんか、っつーの(笑)。いやぁー、オモロい!。

ゆ:
 あー、またオレ、気持ち悪くなってきた。おえ。
 どうして普通にさしてくれないんだ?。自由に遊んじゃいけないのか?。どうし^龠齲斎*(&鼬んな皷%鼾黼*黹黙*黷言っても黌~龜麿@麻麟麗麋#鶉%&!鸞・・ゝ・・е・・んだー!。

も:
 いかん隊長がまたハマった。セリフ化けてるし。だから、無視すりゃいいんだって、こんな課題。


ゆ:
 ...う~ん、さっき言ってた「非日常的な空間で、普段と違った感覚で世界を見よう」か?。これはわかる。確かに、あの真っ暗な迷路とか、ワクワクするもんな。全然OK。
 だけど、そのために変なネーミングや、この気持ち悪い「課題」とか、本当に必要なのか?。

も:
 いやぁ、子どもとかはそんなの全然見てないし。でも大はしゃぎして喜んでるもんな。


ゆ:
 じゃあ、この「ブキミさ」は何のためなんだかなぁ?。

も:
 そりゃやっぱ、「作品」だからじょうがないんだろ?。「作者の意向」っていうか、「コンセプト」なんだろうから。

ゆ:
 じゃぁさぁ、これだけここに人がいるのに、「作者の意向」を、誰れも気にも留めてないってことか。それでいいのかなぁ、作者。

も:
 要するに、中途半端なんじゃないか?。「自由な公園」なのか、「作品」なのかさぁ。

---------------------------------------------

ゆ:
 それにしてもちょっと、ここ歩くのコワいよ。急に坂になってたり。だいたい、この肌色の部分、コンクリみたいに固いじゃん。ころんだら完全にアウトだよ。

も:
 だって、バランス感覚を狂わせるのが目的なんだろ?。しょうがないじゃん。

ゆ:
 それにしたってちょ、ちょっと、待ってよ~!。こんなの登るのかよ~。こぇーよー。

も:
 あ~、やっぱ、みんな同じように登るから、すぐ芝生がハゲちゃうんだろうなぁ。管理する人も大変だろうな。

ゆ:
 管理する人っていえば、なんかガードマンみたいな人も数人いるよな。巡回してんじゃなくて一ヶ所にずっと。何してんだ?。


も:
 やっぱ特に危ないところで見張ってるんじゃないか?。転げ落ちたら即骨折みたいなところで。

ゆ:
 あっ、なるほど。ここもそういえば恐いな。
...ちょ、ちょっと、そこのニイさん。あんた、そんなにすました顔でよくそんなガケップチをタカタカ歩けるな!。


も:
 そういえば前に建築の雑誌で見たんだけど。ここがオープンしたときに、確か開園5日間で骨折した人が2人出たとか書いてあったぞ。

ゆ:
 5日間で2人!?。すげぇ打率だなぁ。

も:
 ひょっとしたら、その時には、この柵とかなかったんじゃないか?。それなら落ちるしホネも折れるよ。だいだい、本気のアート作品なら、柵とか注意書きとかは、最初からはつけないだろうな。作者がイヤがるだろ。

ゆ:
 あっ、ほんとだ。いかにも後づけっぽいし。
 やっぱ、オープンしてみたらみんな転がっちゃうんで、急いで柵作ったり、警備員おいたりしたって感じだよな。でも、こうなると作者も逆にかわいそうかもな。後から余計な物が取り付けられちゃってさ。でも「バランス感覚を揺さぶる」ってのがコンセプトなんだったら、危ない箇所も少しはあってもしょうがないのかもな。

も:
 いやでもさ、その建築の雑誌にさぁ、結構恐いこと書いてあったんだよ。

ゆ:
 なに?。

も:
 けが人が出てるってのを聞いた作者のコメントがさぁ、
「新しい文明をつくり出すためには、その代償として骨を折ることもやむを得ない。」
...とか言ってんだよ....。


ゆ:
 げ。
 ...............ギャグで?。

も:
 マジで。

ゆ:
 ...............やっぱ、アブねーや....。


も:
 いくらなんでも「やむを得ない」はないよな。それじゃぁ、喜んで見に来て、運悪く骨折した人が浮かばれねぇよ。

ゆ:
 するてぇとなにか!、作品のコンセプトのために、客は犠牲になってもやむなしってか!。むがー!!(怒)。だいだい、「新しい文明」ってなんやねん!。ここに居るみんなに分かるように説明しろっちゅーねん!。

も:
 いや、そこまで怒らなくても..........。

ゆ:
 分かった!。そこまで言うんなら、もう、ええ!。こっちにも覚悟があるぁ!。
 声を大にしていうが、オレはこの「作品」、嫌いだ!。
 ..........嫌いだぁー!!。

も:
 落ちつけよ、おい。さっきは「確かにワクワクする」とか「ある意味、全然OK」とかいってたじゃんか。
 作者のコメントとか、「使用法」のパンフとか、そういう情報知らなきゃ、素直に楽しめると思うけどなぁ、おれ。

ゆ:
 いや、公園じゃなく「作品」と名乗るなら、そういう裏に流れてるコンセプトも含めて「作品」のはずだろ?。確かに、「場所のみ」なら面白いが、ここはやっぱ裏に流れてるものが、気持ち悪すぎる。おれには合わない。こういう感覚は!。

も:
 確かになぁ。「場所の面白さ」に比べて、「裏側のブキミさ」のギャップの激しさはすさまじいよな。なんか、何の予備知識もなく遊んでる子どもとかがうらやましくなってきたな(笑)。

ゆ:
 .......なんか、おなか痛い。

も:
 興奮しすぎだよ(笑)。腹減ったし、もう出ようぜ。


ゆ:
 あ~、やっとこのブキミな世界から脱出できたな。けっこう、なんか精神的にダメージ、っていうか、ヘコまされたよ。おれ。

も:
 いや、考え過ぎだって。おまえみたいにゲッソリして出てくる人なんか全然いないじゃん。やっぱ、あのパンフレットをウカツに読んじゃったのが敗因だな。



ゆ:
 しかし、個人の思念をここまで形にできるっていうのは、ある意味すごいよな。精神的にも、政治的にも、経済的にも。

も:
 確かに、このインパクトに打ちのめされたっていうのは認めざるを得ないよな。こういうものを創り出すアーティストっていうのは、やっぱすごいってことなのかな。



ゆ:
 でも、こういう「個人の内面の業」みたいな重いもののインパクトで人を驚かすのだけがアーティストの仕事じゃないだろうに。だいたい、この作品のコンセプトを丸ごと受けとめて、誰か幸せになるやつ、いるのか?。

も:
 確かになぁ。「鈍くなった感覚・感性を取り戻す」みたいな目的は全然OKなんだけど。手段としてこれがベストなのかなぁ、って気はするよな。ちょっと「ヘタ」って感じするよな。

ゆ:
 やっぱ、何も考えずに走り回る子どもが、一番ここで幸せな存在なんだろうな。

---------------------------------------------

ゆ:
 ところでさ、入るときにチラっと見えて気になってたんだけど。この出入り口のチケット売場の所にある、これ、なんだ?。

も:
 「反転地グッズ販売」?。

ゆ:
  は、「反転地グッズ」!?。「グッズ」だとぉ?。散々、こんな内蔵みたいなもん見せといて、グッズときたか!?。


も:
 おい、しかも、これ。見てみろよ。

ゆ:
 ちょ、ちょうちん?。あの、全国どこでも売ってる?、ペナントの流れを受け継ぐ「ばかみやげ」ベスト1の?。
 旅行好き夫婦経営のスナックとかに、これみよがしに何十個も飾ってある、あのちょうちん?



も:
 ぎゃはは。なんなんだこのギャップ。今まで「世界の変革!」とか、眉間にしわ寄せてたのに。ちょうちんがお出迎えかよ~(笑)。
 ...おい、なにうなずいてんだ?。

ゆ:
 うんうん、なんか安心するよ。やっぱこうでなくちゃな。これが正しいニッポンだよな(笑)。おー、なんか元気でてきたよ。

---------------------------------------------

も:
 腹減った。メシ食おうぜ。


ゆ:
 ...と思ったら、おい、こんなところに屋台村ができてんぞ。すげー数だな。

も:
 地元の人が出店してるんだろ。反転地も、これでなかなか観光資源として地元に貢献してるってことだろ。

ゆ:
 おい、あ、あれ、見ろ!。

も:
 なに?、またなんか変なものあったのか?。
 あっ、あれはっ!。


ゆ:
 は、は、「反転地うどん」!?。今度は、うどんか?。

も:
 ぎゃはは、「味自慢!名物 反転地うどん」ってか(笑)。よし、おれ、絶対食うぞ。これ頼も!。





ゆ:
 おー、揚げジャガとうどん!。この昼飯のしょぼい感じがいかにも「観光」って感じでいいなぁ。

も:
 ....でも、なんか別に、普通のうどんやんか?。どこが「反転地うどん」なんだ?。

ゆ:
 やっぱここも結局は、運転疲れの親父、イライラする母ちゃん、車酔いの妹、そして、揚げジャガとうどん。こういう風景が似合う、立派な「観光地」ってことだよな(笑)。なんかホッとしたよ。


も:
 ああっ?、これはっ!?。

ゆ:
 なに?、なにが出た?。

も:
 食い進んでたら、どんぶりの底から、揚げが出てきた!。
 あっ!、ひょっとして....。

ゆ:
 ....ひょっとして、具と麺が逆さに盛ってあるから「反転」っていう落ち、かな?。

も:
 うん....、おれもそう思った、今。

ゆ:
 ..........

---------------------------------------------

ゆ:
 おい、なんかイベントやってるぞ。

も:
 「養老天命反転地 開園一周年記念 秋の養老園遊会」だって。

ゆ:
 「坂本冬美の歌まねショー」??。「琴演奏」??。その繰り返し?。

も:
 しかも、「琴演奏」、中止って書いてあるぞ。雨降ってきちゃったからだろうな。

ゆ:
 じゃぁ、「坂本冬美の歌まねショー」だけ?。まぁでも、坂本冬美が来るならすげーよな。

も:
 違うよ、よく見ろよ「出演:FUYUMI」って書いてあるぞ。


ゆ:
 ...誰、それ?。

も:
 やっぱ、坂本冬美のそっくり芸人かなんかだろ?。

ゆ:
 うわぁ、寒~。しかも、「FUYUMI」って。
 「YAWARA!」みたいでやだなぁ(笑)。


も:
 しかも、これ、客がいねーよ。雨、降ってるしな~(泣)。

も:
 う~、つらい風景だなぁ~。FUYUMIもつらい仕事やな~(泣)。
 おっちゃん、おもわずFUYUMI応援しちゃうよ。


ゆ:
 しかしなぁ、あの偉大(笑)な芸術作品の一周年イベントなのに、このしょぼさは?。ものまねタレントって。

も:
 いややっぱ、「極限で似て非なるフユミ」ってことだろ(笑)。

ゆ:
 ち、ちなんでんのか!?、実は(笑)。深いな~。


---------------------------------------------


ゆ:
 おい、ほら、公園のトナリの遊園地のタワーで、ゴリが手ぇ降ってるし(笑)。

も:
 やっぱ、あの反転地だけが相当浮いてるんだろうな。まわりは堂々たる「ニッポンの観光地」の風景だもんな。

ゆ:
 作者にしてみれば、世の中を変えるぐらいのイキゴミで作った自分の作品が、提灯やうどん、ものまねショーやゴリなんかに囲まれてるっていう現実は、どうなんだろうな?。


も:
 ある意味、まるっきりの「逆ズリネタ」だもんな(笑)。上目づかいで「新しい文明をつくり出す!!」とかタクラんでるところに、突然、ハゲズラかぶらされるみたいなもんだろ(笑)。

ゆ:
 いやぁ、ゴリの方が、先にここに居たわけだしさ。「芸術だか何だか知らねぇけど、後から来てエバんじゃねぇよ」、感じじゃねぇか?。ゴリとしては(笑)。

も:
 「オレの客、取んじゃねぇよ!」とかな(笑)。

ゆ:
 いや、まじめな話し。ものまねショーやゴリの方が、標準なんであって、反転地の方が異常発達しちゃってるんだと思うよ、やっぱ。その辺のバランスが今一実感できてないんじゃないかな、反転地側の人達には。

も:
 ヘタすると、「低レベル」扱いされそうだもんな。「この芸術を解さないとは、チミたち、わかっとらんなー」みたいに(笑)。もしそんなんだったら、まず地元の人達にメチャメチャ失礼だよな。

ゆ:
 まぁ、作品がどんなに高尚だろうとなんだろうと、そんなのは一切無視して、どんどん反転地をネタに稼いでほしいよ。地元の人には。それは全然悪いことじゃないよな。

も:
 作品をどう理解するかは、もう完全に個人の好みだな。いいか、悪いか、じゃなくて、好きか、嫌いか、だろ。

ゆ:
 オレにとっては、とにかく、「感性の回復」みたいな目的はすごくよく分かるんだけど、あらゆる面で、スワリが悪いというか、なじみが悪いというか...

も:
 確かに、違和感、て印象が強い施設だったよな。なんかこう、ちょっとした見せ方が「ヘタクソ」なんだろうな。おしいけど。


ゆ:
 あー、なんかでも、うどん食って、ゴリとかFUYUMIとか見てると、反転地で受けた感性のダメージが、なんだか回復してくるよなー。


も:
 あはは、そりゃぁ、話しが逆だっつーの!(笑)。


【1997年11月 掲載】

|

« 【ばかのきう】巨大バボちゃん教習所 | トップページ | 【Vol.1】喜劇・駅前100年記念館 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201226/14102118

この記事へのトラックバック一覧です: 【ばかのじう】養老天命"骨折はイヤっす"反転地:

« 【ばかのきう】巨大バボちゃん教習所 | トップページ | 【Vol.1】喜劇・駅前100年記念館 »