« 2007年1月 | トップページ | 2007年4月 »

2007/03/30

昭和79年8月@長野

ちょっと前になりますが、2004年に遊びに行った軽井沢、松本での昭和残景。

F1000139





●今夜もありがとう
 店名といい、レタリングといい、なんだかとっても日活で裕次郎でマイトガイな感じの喫茶店です。いいっ!



F1000001






●日立のヒント商品です
 自販機っていうのは、昭和残景の大きなポイントですが、こんなのがまだ現役とはスゴい。ていうか、ゴールド乾電池って、まだあんのかな? 団長は、ミクロマンの「ロボットマン」の背中に、このゴールド乾電池をハメ込んで遊んでいたのを、よく覚えてますが……(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/27

【サイゾー版#90】高層タワーの華とは?

【サイゾー版#90】高層タワーの華とは?

 

Dscf2498
○月刊誌『サイゾー』(2007/4月号)掲載






今回は「福岡タワー」です。先月に続いてのタワーシリーズでーす。
タワーと言いつつ、「鉄骨感」をあんまり感じないところが特徴ですよね。
プリズムのような三角ミラーで、根元に立って見上げると、
刃物っぽくて、ちょっとコワいです……。

こんなにクールな外観なのに、中身やフモトがバリバリに
観光地化されてる、そのギャップがいかにもニッポンのけんちくです。

で、福岡タワーといえば、「シーサイドももち」、
「シーサイドももち」といえば「アジア太平洋博覧会'89」
=「よかトピア」です。

Dscf2531

博覧会好きの団長ではありますが、残念ながら「よかトピア」には
行けませんでした。悔やまれます。
(その代わり、同年の横浜博覧会には行き倒してました(^_^;)

今とは全く違う、博覧会会場の中での「福岡タワー」の雄姿、
見てみたかったですね~。


そうそう。「よかトピア」と言えば、
テーマ音楽だか、福岡県か市のパビリオンの音楽制作を、
世界のサカモト教授に依頼したら、スサマジく高額のギャラになっちゃって、
あんまりもったいないんで、「よかトピア」が終わった後も、
しばらくの間、県庁だか市役所の中のBGM(チャイム)に使ってた
……という、笑えるウワサを聞いた事があるんだけど、
これって、ホントかなぁ?(笑)











| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/19

淡路町トライアングル

秋葉原に行ったついでに、淡路町トライアングルへも行ってみました。

 # 探偵団内部では、外堀通り、靖国通り、中央線に
 # 囲まれた三角地帯を、誰が呼んだか、何故か知らねど、
 # いつの頃から、「淡路町トライアングル」と言ってます。
 # 「神田やぶそば」を筆頭に、老舗がみっちり詰まった、
 # 不思議な街区なのです。

で、その淡路町トライアングルに、実にトライアングルな、三角だらけのけんちくがあります。すごいトンガリっぷりです。角に頭をぶつけたら死にそうです(笑) どうやら有名な建築家さんの作品のようですが、誰のなのかはよく知りません(^_^;)

Dsc07142








この建物、実は10年くらい前に、務めていた会社の事務所が移転する際、不動産屋さんから紹介された候補の「空き物件」の一つに入ってました。で、さっそく事務所のみんなで見に行ったんですが、その威容にしばし唖然……。

確か、その時に空き物件になっていたのは、3階だったと思います。中に入ってみると、おぉ、意外に狭い! さらにびっくりしたのは、実は窓が開くこと! この写真で言うと、向かって左側の側面は、窓が開くのです。しかも、床から天井まで1枚のガラス戸がガーっと全部開きました。その迫力にスゲーっ! と思わず身を乗り出して外を覗いたところ、不動産屋さんが、

「あっ、そこ、落ちたら死ぬよ?」……って。

ええぇ? うわぁ、ホントだ……。


確かに手すりとか無くて、身を乗り出して気が付いたら、いつのまにか空中? みたいな感じでした。あぶねーあぶねー。もちろん、ここに事務所を移転することはありませんでした(笑)

そんなわけで、もう10年以上前の話ですが、淡路町三角ビルの貴重な内部体験でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/10

アキバ倉俣史朗カフェの現在

「ばかけんちく探偵団」を始めた頃は、仕事場が神田明神のすぐ側にあったので、神田・御茶ノ水・秋葉原がホームグラウンドみたいなもんでした。

 先日、たまたま近くまで来たので、その頃からよく行っていたカフェがどうなってるか、見に行ってみました。そのカフェがあったのは、秋葉原。現在でいうところの「ヤマギワソフト館」です。そこは、「ピアチェーレ」という名前のカフェで、曲線中心のアクリル家具を使った店内の装飾が、なんだかとってもクリスタルでスペイシーで美しくて、不思議な雰囲気のカフェでした。後で知ったんですが、有名なデザイナーの倉俣史朗氏の設計によるものだそうです。

 # クラマタデザインといえば、
 # 団長は、この「オバQライト」が、ずっと欲しいと思ってます。
 # が、それなりに、似合う部屋に住まないとね……(^_^;)

 照明器具メーカー「ヤマギワ」は、そもそもデザイン度の高いインテリア関連商品の販売に積極的で、秋葉原にも「ヤマビワリビナ本館」っていう、超デザインちっくなビルもあったりします。そのカフェも、ヤマギワのそういう姿勢の表れとして、倉股氏に設計が依頼されたんでしょうね、たぶん

 でも「ヤマギワ」のソフト販売事業は、2002年から「ソフマップ」が引き継がれているので、「ソフト館」の様子も大きく変わってしまい、今では、周辺一帯の秋葉原の街と同様、ご多分に漏れず 「萌え~っ!!」 の一大拠点になっています。たはは……。

 で、トドメに2004年の火事ですよ。ビルのかなりの部分が燃えちゃった……。

 当時、火災直後に現場見に行った時、「ピアチェーレ」の場所は囲いがしてあって外からは見えず。でも、その周りはススだらけになっていたので、もう絶望的だなと思いました。なんせ店内は、熱に弱いアクリルだらけだったし。

 で、その火事から約3年を経た今回、店の場所を見に行ってみたら……

Dsc07156


 


 あぁっ! 店があるっ! やった!
   ……あれ、でもやってない?  店になってない!  なんだこれ~!!? 
 

 …って感じでした(笑)

 要するに、店の外観も内装も、ほぼ生き残ってるのに、もう営業してない。それどころか、あの美しかった店の正面に、ヘンな紙が張ってあって、中が覗けないようになってる。それでもムリヤリ覗いてみたら、なんか会議机とカバンが雑然と……。これって、スタッフの控え室かなんか、か?

 うわー、もったいねぇ。なにやってんの、ソフト館!

 ちょっとヤマギワさん、ソフマップに教えてあげたほうがいいんじゃない? ここが、日本のデザイン史に名前が残ってもおかしくない名店だってこと。このままホントにツブしちゃったり、萌え萌えゲーム売り場とかに改造しちゃったりしたら、きっと海外のデザイン関係者の人とかに、すごく怒られたりしそうな気がするけど……。

Dsc07153






 あっ、「有名デザイナー設計の未来系メイドカフェ」としての再生の道は? 店自体が無くなっちゃうくらいなら、最悪、そのほうがまだマシだぜ?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/08

「描き割り式バブル神殿」の現在

「サイゾー」の連載でも……

○昔に取材した物件が、今、どうなってるか見に行って、年月が経過した視点で再検証するシリーズとか、やんない?

●いや~、そんな「開運!なんでも鑑定団」とか「出没!アド街ック天国」みたいな、ネタ切れ企画っぽいマネはヤメとこうぜ?

 ……みたいなヤリトリがありましたが。

 この「再訪シリーズ」、誌面連載では大っぴらにやらないとしても、このブログではOKかな? とか思ってます。

 そんなわけで、まずは、【ばかのさん】描き割り式バブル神殿 の現在。

 取材したのは、1995年の年末くらいだったと思います。オチにもなってますが、この建物、自動車メーカー「マツダ」のショールームだったわけですが、現在の写真はこう。以前はなかった場所に、なにやら文字のカンバンが…。

Dsc02285


「メモリードホール」??

 

要するに、マツダが手放しちゃったということではないでしょうか。この建物、今や、こんな用途に大変身を遂げているのです。スゴイ……。

 ていうか、似合いすぎだろ、この転身は(笑)

 なにかこう、全く畑違いのジャンルながらもウマイこと転職できて、そこそこ幸せに暮らしてる旧友? を見るような、そんな眼差しで見ちゃいます。

 君の再出発に、幸アレ、って感じ(笑)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/03/07

こんなとこでネット…?

再来週の「Pasmo」導入でますますIT化が進む東京の鉄道環境ですが、東京メトロ(旧営団地下鉄)の駅構内のあちこちに、数年前からこんなハリガミ(?)が……。

Dsc07130





おぉ、「公衆無線LAN」っていうヤツだ。使ったことないけどさ。

だってさ……

Dsc07131





こ~んな通路みたいな場所にツっ立ってインターネット、するかぁ? フツー。

ここでノートPC片手に抱えてカチカチカチ……、
あるいは、しゃがみこんでカチカチカチ………、

って、通りすがりの人から見ても、相当きもちわるいよね、それ。

なんか、イスとか置いて、「ミニ休憩コーナー」とかにすれば……
いや~、そもそもさびしすぎるだろ~、こんな場所。
すぐ、おしっこ行きたくなるよ(笑)

そんなわけで、電波飛ばす場所っていうか、
サービスのしどころが、なんかヘンなんじゃない~?  というお話でした。

そもそも、駅のこういう場所でPCでネットしてる人って、見たことあります?



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/05

「ばかけんちく全リスト」

1995年に思い立ってから、WEBサイトを作り、「サイゾー」での連載を始め、そして現在に至るまでの、ばかけんちく探偵団のヒストリーをまとめた、

 ばか けんちく探偵団のこれまで  1995-2007

……なんてページを作ってみました。ご笑覧ください。

今までに登場したばかけんちくの全リストも作りました。

WEBサイトでしか「ばかけんちく探偵団」をご存知ない方は、初期WEB版10本と、サイゾー版セレクション18本しかご覧になってないかもしれませんが、実はもう全部で100本以上あるんですよ~。「サイゾー」のバックナンバーでしか読めないけど……(^_^;


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/04

今週の『さよなら絶望先生』に…

257 今週の『さよなら絶望先生』(週刊少年マガジン)。

 なんだかネタがかぶりました(笑)

 以前、愛・地球博のときにも、おもっきしネタがカブったことがあったし。どうも、久米田康治とは気があいそうだなぁ。

 というか、このヒトの、「あるある共感ネタ」を生み出す洞察力と批評眼、ボキャブラリーには本当に驚かされる。大いに勉強させてもらってます。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/03

昭和81年8月@群馬:伊香保

昨年の夏に行った、群馬県の伊香保温泉郷で見かけたモノです。

Dscf1897





●旧式のガチャガチャ
 既に100円マシンなのが残念。10円、20円マシン…… どこかに残ってないかな?




Dscf1930





●さくらフィルムの看板
 昭和40年代には、フジフィルムと肩を並べるくらいの存在だった「さくらカラーフィルム」。1987年に「コニカカラー」に商号を変更してから、今年でちょうど20年目です。観光地には、まだ若干、「さくらカラー」の痕跡が残っていたりしますね。



 ……そんなわけで、「昭和残景伝」とか大仰なこと言ってますけど、歴史的建造物とか、そういう大物じゃなくて、要はこういう小ネタ集ですね(笑) 特に企業系の遺物中心になると思います。団長が好きなので~。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

新コーナー「昭和残景伝」

 ブログ化に際して、ぜひ新コーナーとしてやりたかったのが、街角に残る昭和の風景、昭和の遺物の記録・ファイリングです。名づけて『昭和残景伝』。

 昭和が終わって、もうすぐ二十年。「十年ひと昔」をもう2周もしちゃうんです。そろそろヤバい。こうしている間にも、30~40代にとって、当たり前だと思っていた原風景が、どんどん失われていってます。

 今までにもいくつか撮りためた写真がありますので、それを小出しに開放しつつ、探偵団得意の街嗅覚で、昭和臭を徹底探知し、昭和82年の風景の断片を記録していきたいと思います。

 ちなみに、タイトルは、コレのナニであることは言うまでもありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【サイゾー版#89】西澤さんちのタワー

Dscf2409_1

【サイゾー版#89】西澤さんちのタワー

 

○月刊誌『サイゾー』(2007/3月号)掲載




 現在発売中の『サイゾー』に載ってるのはコレです。
 本名は「スカイタワー西東京」。管理してる会社が「(株)田無タワー」という、なんともヤヤコシいわけですが、ほとんどの人が「田無タワー」と呼んでいるような気もするなぁ(笑)

 所在地は、東京都西東京市。田無市と保谷市が2001年に合併して「西東京市」になったんだけど、実は、「スカイタワー西東京」の呼称が採用されたのは、それよりはるか昔の平成元年(1989年)!。ひょっとして、このタワーの名前があったからこそ、「西東京市」になったんじゃ・・・? とか思ったりします。

 で、なんで「西澤さんちのタワー」かというと、アニメ『ケロロ軍曹』の物語中の街のランドマークとして、西澤さんという登場人物(超お金持ち)の自宅の敷地内に立ってるタワーとして、ほぼ毎回これと同じ形のタワーが登場する……というのは、本誌にもあるとおり。

 その街の名称が「奥東京市」。このアニメの制作会社が、同じ西武新宿線沿線の上井草駅の近くにあるわけで、こりゃもう「スカイタワー西東京」がモチーフなのはイワズモガナですね。

 ただ~し、アニメ版ではなくコミック版の『ケロロ軍曹』の舞台は、実は吉祥寺で、漫画の中にも吉祥寺の風景が多々登場しています。現在発売中の雑誌『Hanako』(894号)「本気の吉祥寺!」特集号に、ケロロ軍曹がガンガンにフィーチャーされてるのは、実はそういうわけです。ということで「西澤さんちのタワー」は、アニメ版にしか出てきません。

 ちなみに、なんで団長がこんなこと知ってるかっていうと、現在、吉祥寺在住&吉祥寺マニアだからです(^_^;



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/03/02

ばかけんちく探偵団ブログ オープンです

 みなさん、こんにちは、ばかけんちく探偵団 団長です。

 さて、「ばかけんちく探偵団」も長いもんで、2007年で結成12年目になりました。月刊誌『サイゾー』での連載は、今年で8年目。今年の終わりには、めでたく「連載100回」に届くはずです。

 これもひとえに、旧WEB版の圧倒的未更新にもメゲない、読者の皆さんのあたたか~い眼差しと、我ら探偵団自身の「なんか頑張らない感じ」のタマモノといえるでしょう(笑)
 そして今…、ミニコラムや万博ブログなど、旧ページでかつて企画倒した死屍累々を、何事もなかったかのように踏み台にしながら、「ばかけんちく探偵団」のWEBサイトそのものを、Blogに移転しました。htmlを全部手打ちで入力していた12年前から、ほとんどデザインを変更していないこのサイトのヘタクソな雰囲気を、今更変えちゃうのもなんなので、ページのデザインも似た感じにしてあります。あ、ちなみに旧サイトも、画像庫代わりにそのまま残しておきます。

 「ばかけんちく探偵団」としてのメインの活動は、これまで同様、雑誌「サイゾー」での月刊連載になりますが、このブログでは、

 ○『サイゾー』連載ネタのこぼれ話
 ○旧ページや、サイゾー版「名作コレクション」のアーカイブ
 ○探偵団長の日記、街ネタ写真

 ……等をなんとなくやっていきたいと思っていますので、よろしくお願いします。

 この12年で街の風景はさらに変わりました。かつて取材したけんちくの中には、既に取り壊され、もうこの世に存在しないものも現れはじめました。ほんの10数年のうちにですよ。「けんちく」とは、物質としては堅牢そうに見えても、文化的・社会的になんと儚いものであることか……

 なんて感慨にふける間もなく、月刊連載の締め切りに追われる日々ですが、「ばかけんちく探偵団」の鑑定眼力は少しも曇っておりません。去り逝くけんちくを穏やかに看取り、今まで気づかなかったけんちくを発掘しつつ、新たに出現する難敵・強敵にも果敢に挑んでいく所存です。これからも、よろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年4月 »