« 「描き割り式バブル神殿」の現在 | トップページ | 淡路町トライアングル »

2007/03/10

アキバ倉俣史朗カフェの現在

「ばかけんちく探偵団」を始めた頃は、仕事場が神田明神のすぐ側にあったので、神田・御茶ノ水・秋葉原がホームグラウンドみたいなもんでした。

 先日、たまたま近くまで来たので、その頃からよく行っていたカフェがどうなってるか、見に行ってみました。そのカフェがあったのは、秋葉原。現在でいうところの「ヤマギワソフト館」です。そこは、「ピアチェーレ」という名前のカフェで、曲線中心のアクリル家具を使った店内の装飾が、なんだかとってもクリスタルでスペイシーで美しくて、不思議な雰囲気のカフェでした。後で知ったんですが、有名なデザイナーの倉俣史朗氏の設計によるものだそうです。

 # クラマタデザインといえば、
 # 団長は、この「オバQライト」が、ずっと欲しいと思ってます。
 # が、それなりに、似合う部屋に住まないとね……(^_^;)

 照明器具メーカー「ヤマギワ」は、そもそもデザイン度の高いインテリア関連商品の販売に積極的で、秋葉原にも「ヤマビワリビナ本館」っていう、超デザインちっくなビルもあったりします。そのカフェも、ヤマギワのそういう姿勢の表れとして、倉股氏に設計が依頼されたんでしょうね、たぶん

 でも「ヤマギワ」のソフト販売事業は、2002年から「ソフマップ」が引き継がれているので、「ソフト館」の様子も大きく変わってしまい、今では、周辺一帯の秋葉原の街と同様、ご多分に漏れず 「萌え~っ!!」 の一大拠点になっています。たはは……。

 で、トドメに2004年の火事ですよ。ビルのかなりの部分が燃えちゃった……。

 当時、火災直後に現場見に行った時、「ピアチェーレ」の場所は囲いがしてあって外からは見えず。でも、その周りはススだらけになっていたので、もう絶望的だなと思いました。なんせ店内は、熱に弱いアクリルだらけだったし。

 で、その火事から約3年を経た今回、店の場所を見に行ってみたら……

Dsc07156


 


 あぁっ! 店があるっ! やった!
   ……あれ、でもやってない?  店になってない!  なんだこれ~!!? 
 

 …って感じでした(笑)

 要するに、店の外観も内装も、ほぼ生き残ってるのに、もう営業してない。それどころか、あの美しかった店の正面に、ヘンな紙が張ってあって、中が覗けないようになってる。それでもムリヤリ覗いてみたら、なんか会議机とカバンが雑然と……。これって、スタッフの控え室かなんか、か?

 うわー、もったいねぇ。なにやってんの、ソフト館!

 ちょっとヤマギワさん、ソフマップに教えてあげたほうがいいんじゃない? ここが、日本のデザイン史に名前が残ってもおかしくない名店だってこと。このままホントにツブしちゃったり、萌え萌えゲーム売り場とかに改造しちゃったりしたら、きっと海外のデザイン関係者の人とかに、すごく怒られたりしそうな気がするけど……。

Dsc07153






 あっ、「有名デザイナー設計の未来系メイドカフェ」としての再生の道は? 店自体が無くなっちゃうくらいなら、最悪、そのほうがまだマシだぜ?(笑)

|

« 「描き割り式バブル神殿」の現在 | トップページ | 淡路町トライアングル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201226/14212953

この記事へのトラックバック一覧です: アキバ倉俣史朗カフェの現在:

« 「描き割り式バブル神殿」の現在 | トップページ | 淡路町トライアングル »